top of page
検索
  • Gazoukakou24 Team

【遺影写真】修正、加工どこまで出来る?最新の終活情報2020

更新日:2021年2月8日


最新の就活

目次 1、終活

   2、イタコト

   3、遺影


終活


終活とは?

終活(しゅうかつ)とは「人生の終わりのための活動」の略。

人間が自らの死を意識して、人生の最期を迎えるための様々な準備や、

そこに向けた人生の総括を意味する言葉である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


「ユーキャン新語・流行語大賞」に

『終活』がノミネートされたのが2010年。 『エンディングノート』が「ユーキャン新語・流行語大賞」に

ノミネートされたのが2012年。


すっかり浸透した『終活』という考え方は、

今やシニアのたしなみとも言われているそうです。


年を取って身体が自由に動かなくなった時、認知症になった時、そして亡くなった時など、自分で自分のことができなくなる時は、悲しいけど必ず訪れます。


そんな時にお世話になる人の手を煩わせないように、また、自分の希望を

叶えてもらえるように、前もって準備をしておくことが『終活』です。


人様に迷惑をかけてはいけないと教えられてきた私たち日本人にとって、

誰もがある程度は考える一つの「活動」なのかもしれません。


残される家族に迷惑がかからないよう、終活を始めなければと考えている方も

多いようです。


しかし、いざとなると、何から手をつけたらよいのかわからないというのが

正直なところです。


終活には、大きく分けて次の4つの種類があるそうです。


· お金にまつわる個人情報の整理

· 荷物の整理

· 介護、終末医療、葬儀、お墓についての希望を固める

· 相続についての準備 では具体的に何をすればいいのか、さらに詳しい内容については

以下のサイトをご覧ください。

終活の基本!やることやエンディングノートについて


イタコト


エンディングノート

エンディングノートとは、

高齢者が人生の終末期に迎える死に備えて自身の希望を書き留めておくノート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

エンディングノートを書こうと思ってよくあるのが、初めの項目が「自分史」や

「家族へのメッセージ」などであるため、書くのをためらってしまい、

次の項目に進めないということだそうです。


確かに分かる気がします。事務的な部分に関しては決めやすいものの、

家族へのメッセージとなると何を書いていいのやらと思います。


それで勧められているのが、初めの項目から順序良く書くというよりも、

自分が必要だと感じたことや、準備のできたことから書くということだそうです。

ITAKOTO(イタコト)」

終活において最近新しいプロジェクトが始まったのを皆さんはご存知でしょうか?

ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんが2020年8月3日、大切な人に「遺書」を

のこすための動画サービス「ITAKOTO(イタコト)」の開始を発表しました。

田村淳さんがインタビューで、このサービスのメリットとして、

・「手紙」でなく「動画」で残す形式にすることによって、リアルな声や

  イントネーション、姿かたちを含めて記録できる。

・言葉や文字だけでは伝わらない臨場感がある。

・思いが伝わりやすい

・いわゆる遺言っぽい定型句や湿っぽさがない

といった点を挙げておられました。

エンディングノートとはまた違う一つの終活の仕方ですね。

詳しい内容については以下のオフィシャルサイトをご覧ください。


遺影


遺影

ここまで終活について考えてきましたが、正直なところ自分の終活はできても

親や配偶者に終活を促すのは難しいのではないでしょうか。

俺に(私に)早く死んでほしいのか!

なんて反応があるのではと考えてしまうかもしれません。

家族が亡くなり、エンディングノートは無く、

残された家族で様々な手続きをしていくというのが多いケースだと思います。

手続きすることの1つに遺影写真の準備があります。

慌ただしく葬儀の準備に追われる中、色々な写真を探したけれど、

ふさわしいものが見つからないと焦ってしまうでしょう。

ふさわしくないと思う理由に以下の様な理由が挙げられます。


・表情は気に入っているけれど、孫と腕を組んで写っている


・衣装が派手過ぎて遺影には向いていない


・自宅で撮った写真なので家の中が写りこんでしまってる


・髪型が整っていない


・メガネをかけている


・しわ、しみが目立つ


余計なものが写りこんでいると「この写真はダメ」と諦めてしまいがちですが、

現在の技術ではその不要な部分を取り除くことも可能です。


不要な部分を取り除くだけでなく、ご要望に合わせて加工することもできます。


・背景変更の加工

・和装からスーツ、スーツから和装など、衣装だけの変更

・乱れた髪型から整った髪型への変更

画像加工24では遺影写真の画像加工を葬儀会社と提携し行っております。

詳しいお問い合わせは以下のオフィシャルサイトからお願い致します。

いかがでしたか?

この記事では終活、イタコト、遺影について取り上げました。

誰もが避けて通れない「死」、辛いことだからこそ、

前向きに向き合う様々なアイデアがあるんだなと思いました。




閲覧数:98回0件のコメント

Comments


bottom of page